誰でも個人再生は受けられる?

みなさんは、誰でも個人再生は受けられると思いますか? 借金返済が困難になった時、その救済措置として、大変便利な個人再生ですね。
実は、個人再生「誰でも受けることの出来ない」制度ですよ。
個人再生を受けるとして、基本になる要件は以下の2つです。
まず、将来において、継続的にもしくは反復しての収入が見込めること。
個人再生は、自己破産とは違って「再生計画案」に従い、債権者に返済を行うので、途中で債務者の収入が減ったり、再生計画案のとおりに返済が出来なくなったりと、当初の計画案通りの返済を期待し反対しなかった債権者の利益を大きく害してしまうので、継続的な収入は絶対条件です。
......しかし現実的には、住宅ローンを除外した借金の総金額が5000万円を越えてしまう個人の債務者はまずないので、あまり気にする必要性はないでしょう。
また、住宅ローン以外においても、担保権の設定がされている債権において、その担保権を行使することで配当が期待される金額は除外されます。
個人再生を受ける前に、上記のポイントをしっかりと確認することが大切になります。
便利な制度ですが、個人再生は誰でも簡単に受けることが「出来ない」制度であることをしっかりと覚えておいてくださいね。