光インターネットのクーリングオフって出来る?

PCやタブレットなどの端末インターネットに接続するためのWi-Fiルーター替わりにスマートフォンを使用することをテザリングと称します。
ヤフーのモバイルであるワイモバイルでは、ソフトバンクと同しようにテザリングを無料オプションとして利用できるのです。
しかし、使用する時には月間契約しているデータ通信量を超えないよう、気をつけることが必要です。
wimaxのデータ通信ならば、速度制限がないので仕事でパソコンを使用する方でも不安なく利用できると考えます。
パソコンでネット通信する時は、他のモバイル端末に比べると、ページ容量も多くすぐ通信量が上がるので通信制限なしは嬉しいです。
NTTの光通信回線であるフレッツ光は、有名なNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度も優良なサービスを享受できるようにしています。
NTTとは違う企業も価格などで競り合っており、大きな違いがなくなってきていますが、年配の方たちから見ればNTTが堅実だという人が数多く見られると思います。
ここ最近、光回線の業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなっています。
こういったことを受けて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線契約に関して2015年にもクーリングオフ制度導入の方針を明確にしました。

光インターネットのひかり電話って?【IP電話・固定電話とどう違う?】