総量規制ができてから消費者金融の中堅業者は苦しくなったみたいです

新らしい貸金業法で決められた総量規制で年収の3分の1までしか貸し出しができなくなりました。
そのため客の絶対数が減り、大手消費者金融でも経営が苦しくなっているようですから、中堅業者はさらに苦しい立場に追い込まれているのではないでしょうか。
こうした状況下では、総量規制にかからない客に対しては、たとえ審査を緩くしてでも貸し出したいというのが本音ではないでしょうか。
そうでもしないと経営が成り立っていかないからです。
こうした中堅の業者を選ぶ客は、大手が利用できないそれなりの理由があるのでしょうから、いくぶん審査がゆるい中堅業者にも断られたら、その先行くところがなくなってしまいます。
そんな客の事情も察して中堅業者に審査は次第にゆるくなっていくのです。
総量規制対象外キャッシング